大家族で暮らす住まい

現在、2世帯住宅が主流となり、今後は3世帯住宅も主流になっていくだろうと言われているそうです。

大家族で暮らす住まい

現在、2世帯住宅が主流となり

大家族で暮らす住まい
★ 33歳 女性
現在、2世帯住宅が主流となり、今後は3世帯住宅も主流になっていくだろうと言われているそうです。
住宅は一生に一度の最も大きな買い物ですから、3世帯でそれぞれがお金を出し合い納得することができれば、負担も軽くすみますしいざという時助け合い支え合うことができます。3世帯といっても色々なパターンがあります。夫の両親、妻の両親、夫婦というパターンもあるでしょうし、両親、娘夫婦、息子夫婦というパターンもあるでしょう。いずれの場合においても大切なのは、完全分離のプライベートな空間が確保できるかということです。
大家族が集まる場所も必要ですが、日々の生活においてそれぞれの世帯が気兼ねなく過ごせる空間は必要です。
できれば3階建にしてそれぞれのスペースを確保するか、3階建が無理であれば、屋根裏収納スペースなどを賢く利用するのもオススメです。

よく考えてみれば、お互いがあまり干渉しあわずもめなければ、大家族でくらすメリットの方が大きいのです。
そのためには、間取りをどうすればいいのか、ハウスメーカーの人と相談しながら時間をかけて納得のいく住まいにしていく必要があります。