大家族で暮らす住まい

大家族で暮らす住まいでは、間取りが一番大切だと思います。

大家族で暮らす住まい

大家族で暮らす住まいでは、間取りが一番大切だと思います

大家族で暮らす住まい
★ 48歳 男性
大家族で暮らす住まいでは、間取りが一番大切だと思います。
それぞれのプライバシーを尊重することと、コミュニケーションを取ることの2点を考える必要があると思います。2世代あるいは3世代で暮らす場合、それぞれの生活時間帯が違ってくるでしょう。お年寄りは早寝早起き、若者は夜更かしの朝寝坊といった具合になるかと思います。それぞれが気兼ねなく暮らせるように、生活時間帯が違っても快適に暮らせる間取りを考える必要がありそうです。
また、お風呂の時間も世代間で違ってきます。トイレや洗面台も含め、水周りは2つあった方が便利かもしれません。食事の時間も世代間で違うかもしれません。
でも、せっかくの大家族ですから食事くらいは一緒にとりたいものです。
そのためには、大きめのダイニングキッチンがいいでしょう。一緒に食事を作ったり食べたりしながらコミュニケーションがとれるとよいと思います。
大家族で暮らすことは気苦労もあるかもしれませんが、住まいを工夫することで乗り切れるのではないでしょうか。