大家族で暮らす住まい

一昔前は核家族化がニュースなどでも取り上げられ話題になりましたが、近年ではさらに単身世帯、独居老人などが増え、孤独死なども社会問題となっています。

大家族で暮らす住まい

一昔前は核家族化がニュースなどでも取り上げられ話題になりましたが

大家族で暮らす住まい
★ 39歳 男性
一昔前は核家族化がニュースなどでも取り上げられ話題になりましたが、近年ではさらに単身世帯、独居老人などが増え、孤独死なども社会問題となっています。
そんな時代だからこそ、大家族で暮らすということに憧れを感じる人も多いのではないでしょうか。昔ながらの大家族と言えば、パッと思い浮かぶのは国民的マンガ「サザエさん」の磯野家ですが、現代社会における大家族で暮らす住まいを考えると、色々と考えたい要素が出てきます。まずは祖父母、親、子という3世代で生活することを考えた場合、住宅そのものにはバリアフリーという視点を持ちたいところ。各部屋の入り口はなるべく段差を設けず、風呂場をはじめ各所に手すりを設置するなど。それに、できれば各世代の間で交流できる大きな居間を用意する一方で、プライベートスペースも確保しておきたいところ。また、できれば庭もゆったり取って、家庭菜園も楽しみたいですね。特に子どもには、土に触れる体験、自分で作物を育てるという経験を通して、生命や食物の大切さも学ばせたいところです。

大家族で暮らす住まいには、世代間の学び、思いやりといったことを育める空間であって欲しいと思います。