大家族で暮らす住まい

「大家族」というと、テレビで見るような子供が10人前後いる家庭を想像しますが、この少子化社会では、4世代同居の我が家も大家族に分類されるのではないかと思っています。

大家族で暮らす住まい

「大家族」というと

大家族で暮らす住まい
★ 38歳 女性
「大家族」というと、テレビで見るような子供が10人前後いる家庭を想像しますが、この少子化社会では、4世代同居の我が家も大家族に分類されるのではないかと思っています。
我が家には、私達夫婦とその子供2人、夫の両親と祖父の計7人が同居しています。はじめは同居をしない方向で考えていたのですが、ご両親の体の不調などがあり、夫の実家の土地に3階建ての住宅を建築し、同居することになりました。
本音では、一部だけが連結したタイプの2世帯住宅にしたかったのですが、土地の大きさと金銭的な問題から、大きい一軒家を建ててシェアして暮らした方が、無駄がないだろうという結論になりました。
1階に夫の両親の寝室とミニキッチンつきのリビングと祖父の部屋、2階に私達夫婦のLDKと客間とお風呂、3階に夫婦の寝室と夫の両親の部屋という間取りで、各階にトイレがあります。住んでみて、もしこの土地に2世帯住宅を建てていたら、この家ほどゆとりのある間取りにはできなかっただろうなと思いました。
階で生活空間が区切られるので予想していたより距離が保てているし、お風呂や玄関が共同なので、他の部分が人数の割には広く使えています。お風呂の入る時間など、ちょっとゴタゴタする部分もありますが、なんとか調整しています。
大人数が生活するには、ある程度のプライベートスペースがあることが、ストレス緩和の重要な条件ではないかと思います。

オススメワード