大家族で暮らす住まい

大家族が住む家にとって欠かせないのは、自然環境でしょう。

大家族で暮らす住まい

大家族が住む家にとって欠かせないのは、自然環境でしょう

大家族で暮らす住まい
★ 44歳 男性
大家族が住む家にとって欠かせないのは、自然環境でしょう。それは単に子供たちの情操教育という面だけではなくて、もっと現実的な面でも豊かな自然が必要だということです。

たとえば同じ大家族でも、住まいに広い庭がある場合とない場合を比べてみると、どれだけ庭が重要かわかるのではないでしょうか。広い庭があればそこを家庭菜園にすることで、かなりの量の野菜を作ることが可能です。
また家庭菜園なら子供が手伝うことも出来るので、子供を一種の労働力として使うことが出来るでしょう。それは子供にとっても家族の役に立っているという意識を作り出し、家族の絆を深める役にも立つはずです。
さらに金銭的な意味でも家庭菜園の果たす役割はかなり大きくなるはずです。
庭の広さや家族の規模にもよりますが、かなりの食費を節約できることは間違いないでしょう。
それは家族の全員に余裕を与え、日常生活を豊かにすることにつながるのだから、広い庭のおかげでどれだけ大家族が豊かに暮らせるか、一度はきちんと考えるべきだと言えるでしょう。