大家族で暮らす住まい

大家族で暮らす住まいは、よほど丈夫でないと大変ではないでしょうか。

大家族で暮らす住まい

大家族で暮らす住まいは、よほど丈夫でないと大変ではないでしょうか

大家族で暮らす住まい
★ 30歳 女性
大家族で暮らす住まいは、よほど丈夫でないと大変ではないでしょうか。「大家族」と呼べる規模になると、私のイメージでは8人以上だと思うのです。
それぞれの持ち物だけでもきっと物凄い量でしょうから、相当丈夫なつくりの家でなければ、その重量に耐えられず、家の老朽化も早いのではないかと思うのです。
私自身、ファッションが大好きで自室には何千枚かの服がありますが、これがとても重いのです。
とにかく量が多いので、たまにシーズンオフの服は物置にしまうのですが、その際に紙袋などに入れて運ぼうとすると、腰痛になるのではと思うほど重いのです。
冗談ではなく、本気で「洋服の収納コーナーの床、いつか抜け落ちてしまうかも」と恐れているほどです。
以前、建築家の方の話を伺ったとき、同じ箇所に重いものをずっと乗せているとその部分が弱って来るとおっしゃっていました。

ですから、大家族とかになると、物の重量を考えるだけでため息が出ます。もし私が将来的に大家族の一員になることがあれば、身軽な生活を心がけます。