大家族で暮らす住まい

大家族で暮らすなら、人数分の個室があって、バスルームが複数あることがとても重要ではないかと思います。

大家族で暮らす住まい

大家族で暮らすなら

大家族で暮らす住まい
★ 36歳 女性
大家族で暮らすなら、人数分の個室があって、バスルームが複数あることがとても重要ではないかと思います。
特に、朝は皆が洗面所で顔を洗ったりひげを剃ったり髪を整えたりするし、トイレも混みあいそうなので最低でも2つは必要です。
生活のリズムが違うと思うので、お風呂もできれば親世帯と子供世帯でそれぞれ別にあったほうが、お互い心地よく生活できるのではないかと思います。廊下はバリアフリーにして、おばあちゃんやおじいちゃんが車椅子や杖をついて歩くのに十分な広さがあると安心です。
それから、週末などには一緒に夕飯を食べることもあると思うので、広間のような大きな部屋かリビングがあると皆で一斉にご飯を食べられて、家族の団欒も楽しめそうです。

親の持っている土地が広ければ建て替えたり、増築をして部屋を増やして3世帯一緒に暮らしたりするのも素敵だと思います。いろんな年代の人と接することで子供も成長するし、おじいちゃんおばあちゃんも寂しくないので、家族みんなで暮らすのは理想的だと感じます。