大家族で暮らす住まい

近年、少子化などの影響もあり、家族の数も減っています。

大家族で暮らす住まい

近年、少子化などの影響もあり、家族の数も減っています

大家族で暮らす住まい
★ 30歳 男性
近年、少子化などの影響もあり、家族の数も減っています。その影響からか、都市や都市部近郊マンションの人気が高く、若い世代でもマンション購入者はかなり増えています。

しかし、まだまだ都市部から離れると2世帯、3世帯の大家族の住宅もたくさんあります。大家族で生活するのに必要不可欠な物が大きな家であり、その家を建てる為には大きな土地を必要とします。近年地方の土地価格がかなり安くなり、都市部から電車で1時間程度離れれば、かなり土地も安くなっているのです。
お金をかけずに大きな家に住めるメリットや、親兄弟と一緒に住むスペースを得る事も出来ますし、子供がいる場合は自然豊かな生活を与える事も出来るので、都市が遠い事や通勤に時間がかかるなどのデメリット以外はかなり良い環境であると思います。
また、大家族で暮らすことにより、人間関係の構築など社会で必要な要素を子供に伝える事も出来るので、私は、大家族での生活は今の時代だからこそ必要な事だとも思います。