大家族で暮らす住まい

大家族で暮らすためには、家族の視点に立った家を誰もが希望するのではないでしょうか。

大家族で暮らす住まい

大家族で暮らすためには

大家族で暮らす住まい
★ 30歳 男性
大家族で暮らすためには、家族の視点に立った家を誰もが希望するのではないでしょうか。
バリアフリー仕様の住まいは、高齢者が人の手を借りず一人で身の回りのことをこなすため、高齢者自身の身体能力を衰えさせないためでもあるのです。
ともすれば、人が手を貸しがちですが、家族の誰かが四六時中見張っているわけにも行きませんから、やはり、高齢者の体が五体満足なうちは家の中だけも動いてもらうべきでしょう。また、大家族ともなると、食卓での席の確保が大変でしょう。けれど、大きなテーブルだと食事時以外は邪魔になってしまいます。ですから、折りたためる、あるいは必要な時だけ天板を引き伸ばせる工夫を家具に施すようしてみると、家を広く使えます。
更に、大家族では収納に困るでしょうから、家を建てるならば、作り付けの収納を予め考えて家を建てるべきでしょう。収納場所が確保出来れば、収納能力以上の物や衣服の購入を避ける事ができます。このように、大家族の住まいは創意工夫を凝らして、初めて快適な暮らしにたどり着くと思います。