大家族で暮らす住まい

大家族で暮らす住まいでもっとも重要なのは、キッチン、トイレ、浴室といった水回りだと思います。

大家族で暮らす住まい

大家族で暮らす住まいでもっとも重要なのは

大家族で暮らす住まい
★ 43歳 女性
大家族で暮らす住まいでもっとも重要なのは、キッチン、トイレ、浴室といった水回りだと思います。
我が家は現在4人家族で暮らしていますが、トイレはひとつだけです。
認知症の父は、それまでなんでもなかったのに突然トイレに行きたいと叫び出すものですから、ちょうどその時にたまたまトイレに入っていた人は、急いで出て来なくてはなりません。大家族ともなると子供から老人まで年代も幅広くなりますから、トイレは最低でも二か所は必要でしょう。また、大家族が食べるだけの量の料理を作ろうと思えば、キッチンもそれなりの広さがないと食事の支度もままなりません。お風呂も、順番待ちをしているとなかなか入れませんから、何人かが一度に入れるような大きさのお風呂にする必要があるでしょう。
他にも、それぞれの部屋に行くのに玄関から直接行き来できるような間取りでないと、朝早くや夜遅くに動くといった時間帯のずれも、生活にストレスを与えることになると思われます。